みんなの育毛  >    >   薄毛の原因になりかねない!間違ったヘアケア方法を避けよう!

コラム

薄毛の原因になりかねない!間違ったヘアケア方法を避けよう!

  2018年11月30日 Posted by みんなの育毛編集部


髪の毛のボリューム不足や抜け毛で悩んでいるなら、「毎日のヘアケア方法が正しいかどうか」を一度見直してみましょう。
  
もしかすると、シャンプーやトリートメントの仕方、ドライヤーを使った髪の乾かし方などのヘアケア方法が間違っていて、頭皮に負担をかけているかもしれません。
  
まずは、どんなヘアケア方法が間違っているのかを認識することが大切です。
  
この記事では、間違ったヘアケア方法と、それが頭皮に及ぼす影響について説明します。
  
  

シャンプーはこう使う!選び方から洗い方まで!

まず、気をつけたいのはシャンプーの選び方です。
  
余分な頭皮の皮脂をきれいに洗い流そうとして、洗浄力の強いシャンプーを選ぶ人がいます。
  
気になるフケの対策をしようとして、殺菌効果のあるシャンプーを選ぶ人もいるでしょう。
  
しかし、洗浄力の強いシャンプーや殺菌効果のあるシャンプーは、頭皮のトラブルを引き起こす恐れがあるので注意が必要です。
  
頭皮が荒れてかゆみや抜け毛が生じたり、必要な常在菌まで洗い流してしまったりすることがあります。
  
関連記事:「シャンプーだけでは育毛効果は得られない!正しいシャンプーを見つける方法
  
  
髪を洗うときには、爪を立てて洗わないように気をつけましょう。
  
なぜなら、爪を立ててゴシゴシと洗うと頭皮が傷ついて、角質がはがれてしまうからです。
  
同じ理由で、ブラシを使って髪を洗うことも避けます。
  
ブラシの材質や形状などによっては、頭皮を傷つけることによりフケやかゆみ、抜け毛などを引き起こしてしまいかねません。
  
頭皮を長い時間かけて洗ったり、シャンプーをつけたまま放置したりするのも間違ったシャンプー方法です。
  
お湯がかかってやわらかくなった頭皮は、普段よりも傷つきやすくなっているので、シャンプーが強い刺激となってしまうかもしれません。
  
短い時間で洗い上げて、しっかりとすすぐことを心がけましょう。
  
関連記事:「ハゲる原因は洗い方にあった?頭皮を傷めない正しい洗い方
  
  

効果を高めるために!間違ったトリートメントケアを避けよう

トリートメントは、髪の毛を保護したりダメージを補修したりする役割があります。
  
髪の毛を健康に保ってくれるトリートメントも、間違った使い方をしては効果が発揮できないばかりか、抜け毛の原因となってしまう恐れがあります。
  
まず、避けたいのはトリートメントを頭皮にたっぷりつけることです。
  
油分が多く含まれているトリートメントは、頭皮につくと毛穴がつまる原因となることがあります。
  
毛穴がつまって頭皮の環境が悪くなると、雑菌の繁殖により炎症を起こしてしまいかねません。
  
フケやニキビ、抜け毛などの頭皮トラブルが生じることもあります。
  
  
トリートメントをつけた後、十分に洗い流さないのもよくありません。
  
トリートメントのすすぎ残しは、頭皮環境が悪化する要因の一つです。
  
頭皮を避けながら毛先中心につけて、指定された時間置いたら、十分に洗い流しましょう。
  
トリートメントには洗い流すタイプと洗い流さないタイプがあるので、間違わないようにどちらのタイプかよく確認しておくことも大切です。
  
  

ドライヤーはどう使う?間違った髪の乾かし方はこれ!

髪を乾かすときに避けたいのは、自然乾燥させることです。
  
熱ダメージを気にしてドライヤーを使わないでいると、髪の毛が長時間濡れたままになります。
  
髪の毛が生乾きだと頭皮も蒸れた状態になっていますが、これはとても雑菌が繁殖しやすい頭皮環境です。
  
自然乾燥の過程では水分が蒸発しすぎることもあり、頭皮の健康の妨げとなってしまいます。
  
一方、ドライヤーの過剰使用にも注意が必要です。
  
頭皮にドライヤーの温風を直接あてると、熱ダメージにより頭皮が軽いやけど状態になってしまいます。
  
しっかり乾かすことを意識しながらも、頭皮に負担がかかることがないように、温風をあてる時間やドライヤーとの距離に気をつけましょう。
  
  

育毛製品を使用するなら気をつけたいのは?

抜け毛や薄毛に対処するために、育毛製品を使っている人もいるでしょう。
  
育毛製品にはいろいろなタイプがあり、配合されている成分もさまざまです。
  
中には、自分の肌に合わない成分や、アレルギーを引き起こす成分が入っているものもあるかもしれません。
  
育毛製品が肌に合わなければ、頭皮のかゆみやかぶれ、炎症などを引き起こす恐れがあります。
  
使用中に少しでも異変を感じたら、すぐに使用を中止しましょう。
  
肌に合わない育毛製品を使い続けていると、肌トラブルが進行してかゆみや炎症がひどくなってしまうかもしれません。
  
育毛を促進するどころか、頭皮のトラブルにより脱毛が悪化してしまうケースもあります。
  
関連記事:「育毛剤には副作用がある?自分に合った育毛剤の選び方
  
関連記事:「育毛剤は効果なし!?育毛剤のウソ・ホント
  
関連記事:「購入を決意するポイント!育毛剤を選ぶ基準は!?
  
  

ヘアケア方法が正しいか心配なら育毛サロンで相談してみよう!

お風呂場でシャンプーやトリートメントをするときや、ドライヤーを使って髪を乾かすときは、間違ったヘアケアをして頭皮に負担をかけないように注意しましょう。
  
育毛製品を使用する際も、肌に合うかどうか確かめながら使うことが大切です。
  
この記事で取り上げた以外にも、認識していないだけで実は間違っている生活習慣をしているかもしれません。
  
自分のヘアケア方法が正しいかどうか不安に感じるときは、育毛サロンで相談してみることができます。
  
不安を解消して、正しいケアケア方法により頭皮をすこやかな状態に保つことができるでしょう。
  
  
関連記事:「発毛システムで評判のリーブ21とは
  
関連記事:「育毛サロンの無料体験の施術内容とは」  
  
■各会社の特徴をチェックしたい方はこちら!
  
バイオテックのサービス・特徴・口コミ評判はこちら

アートネイチャーのサービス・特徴・口コミ評判はこちら

アデランスのサービス・特徴・口コミ評判はこちら

リーブ21のサービス・特徴・口コミ評判はこちら

スヴェンソンのサービス・特徴・口コミ評判はこちら
  
  


みんなの育毛編集部員 経験を生かしてニュースや情報を発信していきます。

関連する記事