みんなの育毛  >    >   頭皮のかゆみはAGAの始まり?

コラム

頭皮のかゆみはAGAの始まり?

  2017年6月29日 Posted by みんなの育毛編集部


AGAは、男性では20代から発症することがあります。
  
さらに、男性だけでなく女性もFAGAと呼ばれるAGAを発症する可能性があるのです。
  
誰にでも起こり得るこの脱毛症は、薄毛が進行していくために、早めに気づき予防しておきたいものです。
  
しかし、どのタイミングで症状が始まっているのかは気づきにくく、わかりやすい自覚症状があるのか気になるところです。
  
例えば、頭皮が最近すごくかゆいのはもしかしてAGA?と、不安になることもあるのではないでしょうか。
  
そこで、頭皮のかゆみはAGAと関係があるのか見ていきましょう。
  

AGAの初期症状にはどんなものがある?

AGAを発症したからといって、ある日突然髪の毛が薄くなるわけではありません。
  
初期症状があり、その後なにも対策をしないと薄毛が進行していきます。
  
AGAの初期症状は抜け毛が増えていくことと、髪の毛が細くなったと感じることが挙げられます。
  
ときには、髪の毛のコシがなくなったように感じる自覚症状もあるようです。
  
しかし、そのほかにAGAの初期症状にあたるものは、特に見当たらないと考えられています。
  
そのため、頭皮が最近かゆくてとても気になっているという人も、それはAGAの初期症状でない可能性が高いので心配しなくても大丈夫でしょう。
  
また、AGAで特徴的なのは男性の場合、額の両側の生え際、頭頂部、またはその両方の部分に集中して薄毛が進行していきます。
  
一方、女性の場合には頭頂部の周辺の広い範囲にわたって髪の毛が薄くなっていく傾向がみられます。
  
男性も女性も、このような場所に集中して薄毛がみられるようになったらAGAを疑ってみましょう。
  
  

かゆみの原因は頭皮の乾燥かも?

頭皮がかゆいのはAGAの初期症状ではないようですが、なぜ頭皮がかゆくなることがあるのでしょうか。
  
さらに、頭皮のかゆい場所の髪の毛が抜けてしまって困った経験のある人も少なくないでしょう。
  
その理由として、頭皮が乾燥していることが考えられます。
  
普段使っているシャンプーや育毛剤などが頭皮にあわないと炎症を起こしてしまい、かゆみを引き起こすことがあるようです。
  
普段から肌が敏感だと感じている人は、髪の毛に使う製品も慎重に選ばないと抜け毛の原因になってしまうことがありますので注意しましょう。
  
特にシャンプーはほぼ毎日使うものですし、石油由来の成分を含んだ界面活性剤のような成分が含まれているシャンプーは、頭皮に本来必要な皮脂まで流してしまいます。
  
そのため、頭皮が乾燥してしまうことになり、かゆみを引き起こします。
  
頭皮に炎症を起こしてしまうと、抜け毛が増えるという悪循環になります。
  
シャンプーだけでなく、育毛剤や整髪料の成分があわないために頭皮に皮膚炎を起こすことがあります。
  
頭皮が全体的にかゆいし、かゆい場所から髪の毛が抜けてしまうという悩みがある人は、普段使っているヘアケア製品を見直してみましょう。
  
  

アレルギーが影響していることがある

AGAと頭皮のかゆみは直接的な関係はないのですが、AGAの人でも頭皮のかゆみに悩まされている人がいる可能性があります。
  
たとえば、もともと食べ物にアレルギーがあったり、特定の成分でアレルギーを発症したりしてしまう人は、なんらかのきっかけで頭皮にかゆみが出てくることが考えられます。
  
頭皮のかゆみから抜け毛が進み、さらにAGAを発症している場合には進行が早まる可能性もありますので、悩ましいところです。
  
特に、アトピーなどの皮膚炎があるアレルギー体質の人であれば、頭皮が炎症を起こしやすいといえますので注意しましょう。
  
そのような人は、シャンプーやヘアカラー、パーマ液などがあわないと、すぐに炎症を起こして頭皮を乾燥させてしまう可能性があります。
  
頭皮のかゆみから抜け毛が増えていくことによって髪の毛がしっかり成長する前に抜けてしまうことになり、細い髪の毛が増えて薄毛の症状を悪化させることになりかねません。
  
アレルギー体質の人は頭皮を乾燥させないように気をつけましょう。
  
  

頭皮の皮脂が多すぎてもだめ?

頭皮がかゆくなるのは、頭皮の乾燥やアレルギーなどが関係しているといわれています。
  
さらに、頭皮は皮脂の分泌が多すぎてもいけません。
  
皮脂の分泌量が多いと、皮脂で毛穴をふさいでしまうことによって、汗をかいたりしたときに猛烈なかゆみを感じることがあります。
  
そのため、できるだけ頭皮をきれいにしようとがんばってシャンプーしたものの、一旦皮脂が必要以上に取り除かれることにより乾燥した頭皮になります。
  
しかし、乾燥した状態が続いていると皮脂は分泌量をさらに増やそうとするため、結果的に頭皮の皮脂分泌過多になる傾向があります。
  
そのため、シャンプーしているのにいつも頭皮がベタついた感じがするという人は、頭皮の皮脂分泌量が多い可能性があります。
  
皮脂が多すぎても頭皮にかゆみを発生させることがありますので、気になる人は頭皮ケアを始めてみると効果が期待できるでしょう。
  
育毛サロンなどでは、頭皮ケアやカウンセリングなどを通して頭皮の症状にあったアドバイスをしてくれます。抜け毛が気になる場合も、育毛剤選びの相談をしてみてはいかがでしょうか。
  
  

AGAはかゆみから始まる?

頭皮がかゆくて抜け毛が増えると、AGAなどの脱毛症になってしまったかもしれないと考えてしまうことがあるでしょう。
  
しかし、AGAとかゆみとは直接関係はないので、そのほかの原因を探してみて改善していくことが大切といえます。
  
抜け毛を予防するためには、原因をつきとめてその症状に合わせたケアを早めに始めるといいでしょう。
  
育毛サロンで頭皮の状況をチェックしてもらうことで、自分にあった方法が見つかる可能性があります。気になったらまずは相談してみましょう。


みんなの育毛編集部員 経験を生かしてニュースや情報を発信していきます。

関連する記事