みんなの育毛  >    >   頭皮のフケの原因とその対策とは

コラム

頭皮のフケの原因とその対策とは

  2018年6月27日 Posted by みんなの育毛編集部

頭皮のフケの原因とその対策とは

毎日シャンプーをしてケアしているにも関わらず、気づけば肩にフケが落ちて悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
  

生活習慣やストレス、ホルモンバランスが原因のこともありますが、頭の洗い方やケアの方法が原因であることも多く、しっかりと予防や対策をすればフケは改善が期待できます。
  

頭皮トラブルの中では比較的多いフケですが、放置しておくとフケの悪化や皮膚トラブル、抜け毛などにつながってしまうこともあります。
  
重要ではないトラブルだと放置せずに、原因や予防方法を知っておきましょう。
  

そもそもフケの原因とは

頭皮のフケの原因とその対策とは
頭皮は肌と同じくターンオーバーを繰り返しており、フケの原因はこのターンオーバーの異常によるものになります。
  

健康な地肌だと、古くなった角質が目に見えないほどの大きさの垢となって剥がれ落ちていきます。
  
しかし、正常にターンオーバーができていない場合は、古くなった角質がフケとして目に見える大きさで剥がれ落ちてしまうのです。
  
ターンオーバーのリズムが早くなってしまったり周期が乱れてしまうなど、正常なターンオーバーができていない場合は、そこから頭皮トラブルが発生する可能性が大きくなってしまいます。
  

フケの種類とは

カサカサとして肩に落ちてくる白い粉状のものがフケのイメージとして強いかもしれませんが、フケにはカサカサとしたタイプとベタベタとしたタイプの二つの種類があります。
  
一つはカサカサとした乾燥したフケで乾性フケと呼ばれ、頭からパラパラと落ちてくることが特徴的です。
  
もう一つはベタベタとしたフケで脂性フケと呼ばれており、髪の毛に挟まっていたり大きな塊で落ちてきます。
  

この二つのフケは正反対の性質を持っており、原因や対策も違ってきます。
  
間違った対策をしてしまうと悪化してしまうため注意が必要です。
  

乾性フケとは・その原因は

乾性フケは頭皮の乾燥によるものです。
  
主な原因としては、皮脂の分泌量が足りない場合や、頭の洗いすぎなどによって皮脂を必要以上に洗い流してしまっている場合、パーマやカラーリング、アトピーなどによって皮膚炎を起こしている場合などがあります。
  

フケの対策にと頭を洗い過ぎてしまうことがありますが、皮脂を必要以上に洗い流してしまうと頭皮の乾燥につながってしまいます。
  
また、爪を立てる洗い方や洗浄力の高いシャンプーを使うことによって、頭皮にダメージを与えてしまうと、炎症を起こしフケの原因となってしまうのです。
  
栄養バランスの偏った食事や、生活習慣の乱れ、ストレスによって皮脂の分泌量が減少してしまい、フケの原因となる場合があります。
  

脂性フケとは・その原因は

頭皮のフケの原因とその対策とは
脂性フケとは、乾性フケとは反対に、皮脂が多すぎることが原因となって発生するフケのことです。
  
頭皮は皮脂の分泌量が多い部位と言われており、汗もかきやすいため、清潔に保てていないと皮脂の過剰分泌により常在菌であるマラセチア菌の増殖によってフケを引き起こしてしまいます。
  

皮脂の過剰分泌の原因としては、頭を洗う頻度が少なく皮脂が溜まっている、頭を洗う頻度が多く皮脂が過剰分泌されている、洗った後のケアが適切ではないなどが挙げられます。
  
他にも、糖分や脂っこいものの食べ過ぎ、生活習慣の乱れやストレスでホルモンバランスの乱れが皮脂の過剰分泌の原因になっている場合もあります。
  

乾性フケの予防・対策方法とは

乾性フケは、乾燥によって引き起こされるフケになります。
  
そのため、乾燥させないことが大切です。
  
特に、洗い過ぎないことに注意していきましょう。
  
洗浄力の強いシャンプーを避け、1日に何度も髪を洗うことを避けます。
  
頭を洗う際はお湯で丁寧にすすぎ、皮脂を浮かせてからからシャンプーをします。
  
頭皮に傷をつけないよう、爪を立てずに指の腹で揉むように洗うことが重要です。
  
また、シャンプーが頭皮に残るとかゆみやフケの原因になってしまうため、時間をかけて丁寧にすすぎましょう。
  
洗った後は保湿をすることも大切なポイントです。
  

脂性フケの予防・対策方法とは

脂性フケの予防対策は、皮脂の分泌を抑えることが重要になってきます。
  
頭を洗う頻度が数日に一度という人は、毎日シャンプーをすることが大切です。
  
しかし、清潔にしようとして必要以上にシャンプーをしてしまうと、反対に皮脂が過剰分泌する場合もあるため、1日に何度も頭を洗っている人は1日1回に減らしましょう。
  
前述した乾性フケの予防対策の洗い方と同じ方法で洗うことが重要です。
  

また、髪の毛を乾かさずに放置していると、マラセチア菌が増殖してしまうため、洗髪後はしっかりと髪の毛を乾かしましょう。
  
食生活や生活習慣を見直し、ストレスを溜めないようにすることも大切になってきます。
  

まずは無料体験で相談してみよう!

フケは皮膚トラブルや抜け毛のサインでもあります。
  
対策や予防をしているのにフケの症状がよくならない場合や、正しい原因や対策方法がよくわからない場合は、放置せずに専門機関で相談することが大切です。
  

まだ症状が軽いから大丈夫、フケなんてよくあることだからと放置していると、悪化して頭皮トラブルに発展してしまうかもしれません。
  
症状がひどくなると完治までに時間がかかる場合もあるため、できるだけ早い対策が大切です。
  
無料体験で相談することもできるので、まずは気軽に相談して、悩みを解決しましょう。
  
  
関連記事:「ハゲる原因は洗い方にあった?頭皮を傷めない正しい洗い方
  
関連記事:「効果がある?育毛シャンプーの使用でAGAを改善できるか
  
  
■各会社のお試しプランをチェックしたい方はこちら!

バイオテックの無料体験はこちら

アートネイチャーのお試し体験はこちら

アデランスの増毛体験はこちら

リーブ21の発毛促進体験はこちら

スヴェンソンの増毛体験はこちら


みんなの育毛編集部員 経験を生かしてニュースや情報を発信していきます。

関連する記事