みんなの育毛  >    >   知らないと損!薄毛対策に良い生活習慣とは

コラム

知らないと損!薄毛対策に良い生活習慣とは

  2018年3月28日 Posted by みんなの育毛編集部

薄毛と生活習慣の関係とは

なんとなく目立ってきた薄毛。
  
このまま放っておいてもいいのか心配になってくる人も少なくないでしょう。
  
髪の悩みの代表格といってもよい薄毛の対策は、早ければ早いほどよいといわれます。
  
薄毛の原因は多種多様で、男性と女性でも薄毛の原因は異なるため、自分の薄毛の原因は何なのか、つぶさにチェックすることが対策を打つための始めの一歩といえるでしょう。
  
ここでは、薄毛と生活習慣の関係を見ていきます。
  
生活習慣と薄毛の関係性を確認することで、自分の薄毛の原因がどこにあるのかが見えてきます。
  

食生活の改善

薄毛と生活習慣の関係とは

人間の身体や健康は、何を食べているかによって大きく変わるといえるほど、食生活とは切っても切り離せない関係があります。
  
髪の毛についても同様のことがいえます。
  
髪の毛の主成分はタンパク質(アミノ酸)であり、その成長を促進する成分として亜鉛やビタミン類が欠かせません。
  
食生活の乱れなどによって、髪の毛の育成に必要不可欠な成分が足りていないと、十分な成長が難しくなります。
  
だからといって、タンパク質や亜鉛、ビタミン類だけを一生懸命摂っていても、薄毛の対策にはなりません。
  
私たちが摂取する栄養素は、身体の中で十分な働きをするためにほかの栄養素の機能を効率よく使っている場合があります。
  
そのため、タンパク質である肉・魚や大豆、米のほか、亜鉛を摂取できる牡蠣、ビタミンを含む野菜や果物など以外にも、バランスよくほかの栄養素を摂る必要があります。
  

睡眠時間の確保と質の向上

毎日の習慣の中で、髪の毛の育成に欠かせないのが睡眠です。
  
実は、髪の毛の成長には睡眠時間とその質が大変重要なのです。
  
摂取した栄養素を元に毛母細胞が髪の毛の形成をしますが、髪の毛が成長するのは睡眠に入ってから3時間の間といわれています。
  
また、毛髪をはじめ身体の成長に必要な成長ホルモンの分泌は、夜22時から深夜2時までの間が最も活発とされています。
  
そのため、睡眠時間が極端に短かったり眠りが浅かったりすると、成長ホルモンの分泌が妨げられるだけでなく、髪の毛の成長にも大きく影響します。
  
たとえば、30代であれば1日7時間の睡眠がとれればベストです。
  
仕事などで睡眠時間があまり取れない場合があっても、できるだけ睡眠時間と質の向上に努めるようにすることが重要となります。
  

ストレスの解消

薄毛と生活習慣の関係とは

病気にはさまざまな原因がありますが、なかでも精神的なダメージは身体に与える影響が非常に大きいことがわかっています。
  
精神的ダメージの代表格であるストレスは、病気の原因だけでなく、髪の毛の成長にもダメージを与えます。
  
ストレスがなぜ髪の毛の成長に関係するかというと、ストレスは血管を収縮させてしまうからにほかなりません。
  
髪の毛を形成する毛母細胞が栄養を受け取るのは血液からです。
  
血管が収縮すると、毛母細胞がうまく栄養素を吸収できなくなり髪の毛の成長が妨げられてしまいます。
  
滞りなく流れる血液があってこその健康であり、髪の毛の成長なのです。
  
それを妨げる原因となるストレスを解消することこそが、薄毛の対策となります。
  
休息やスポーツなどリフレッシュして、ストレスを解消しましょう。
  

有酸素運動

髪の毛の成長にとって、血行促進は不可欠なものです。
  
血管の拡張のためのストレスフリーを目指すことを兼ね、有酸素運動にも挑戦しましょう。
  
普段の生活でなかなか運動ができていないという人も少なくありませんが、薄毛対策として有酸素運動を取り入れることは髪の毛の育成に深い関係性があります。
  
有酸素運動は、ウォーキングなどあまり激しくない運動によって、効率的に酸素を取り入れエネルギー代謝を行うことが特徴です。
  
この有酸素運動は、基礎代謝を上げるという効果があり、血行促進にも期待ができます。
  
普段仕事などでストレスを感じている人をはじめ運動する習慣がない人は、通勤などでできるだけ歩いたり階段を積極的に使ったりなど、有酸素運動を日常的に取り入れてみましょう。
  

飲酒・喫煙を控える

生活習慣と髪の毛の関係性を見直すなかで、避けては通れないものがあります。
  
それは、飲酒と喫煙です。
  
酒に含まれるアルコールは、肝臓で代謝されるとアセトアルデヒドという毒性物質が生成されます。
  
このアセトアルデヒドを解毒するために、たくさんのアミノ酸やビタミンなど、毛髪の育成に必要な栄養素が奪われてしまいます。
  
飲酒と髪の毛の関係は、アルコールの解毒と髪の毛の育生に必要な栄養素が同じということに、その要因があるのです。
  
さらに、喫煙と髪の毛とは、喫煙による血管収縮にその因果関係を見いだすことができます。
  
愛飲家や愛煙家にとっては耳の痛い話ですが、薄毛対策には飲酒・喫煙を控えるということは重要な要素となります。
  

生活習慣の見直しをプロに相談!育毛サロンで無料体験してみよう

これまで見てきたように、髪の毛の育生にはさまざまな生活習慣が密接に関わっています。
  
薄毛で悩んでいる場合には、自分が普段どのような習慣で生活しているのかをチェックすることによって、その原因が見えてくるでしょう。
  
しかし、薄毛の原因はさまざまで、生活習慣を改めればすべてが解決するとは限りません。
  
また、どこを改めれば良いか理解しつつも、なかなかできないという場合もあるでしょう。
  
そのような場合には、育毛のプロに相談することも一つの手です。
  
知識・経験豊富なプロの担当者に相談することによって、改善が期待できます。
  
育毛サロンでは、無料体験や相談を行っています。
  
気軽に相談してみてはいかがでしょうか。
  


バイオテックの無料体験はこちら

アートネイチャーのお試し体験はこちら

アデランスの増毛体験はこちら

リーブ21の発毛促進体験はこちら

スヴェンソンの増毛体験はこちら


みんなの育毛編集部員 経験を生かしてニュースや情報を発信していきます。

関連する記事