みんなの育毛  >    >   AGAだけではない!各部位における薄毛の原因の違い

コラム

AGAだけではない!各部位における薄毛の原因の違い

  2018年12月26日 Posted by みんなの育毛編集部


薄毛で悩んでいる人は多くいますが、その症状はみな同じというわけではありません。
  
前髪から薄くなっていくケース、後頭部に薄毛が見られるケースなど、人によって薄毛ができる場所が異なっているのです。
  
それは同じ薄毛でも、それぞれ違う原因によって症状が引き起こされているからです。
  
薄毛対策を行うにはまず、その原因を特定しなくてはなりません。
  
そこで、薄毛が進行している部位ごとに、それぞれの特徴と考えられる原因などについて解説をしていきます。
  

主な原因は生活習慣の乱れから!日本人男性に多い前頭部の薄毛

AGAは薄毛の悩みの代表的存在です。
  
そして、その原因は男性ホルモンにあります。
  
男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量が減少し、それに反比例する形で同じ男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが増加することによって引き起こされます。
  
また、AGAにもいくつかのタイプがあり、中でも日本人男性に多く見られるのがU型と呼ばれるものです。
  
前頭部の生え際全体が薄くなり始め、それが次第に頭頂部に向かって進行していくのが特徴です。

問題はテストステロンの分泌がなぜ減少するかですが、その主な原因としては肥満・痩せすぎ・喫煙・過度の飲酒・ストレス・睡眠不足・加齢などが挙げられます。
  
つまり、原因の多くは生活習慣の乱れからきているのです。
  
前頭部は元々血流が不足しやすい部位であるため、喫煙や睡眠不足などによって血行不良を引き起こすと、相乗効果によってますます薄毛が進行していくことになります。
  
したがって、薄毛対策を行おうと思えば、まず健康的な生活を心がけることが重要になってくるわけです。

ちなみに、AGAの予防や改善に有効だといわれているものにコラーゲンがあります。
  
頭皮の中の皮脂腺と毛根の間にはバジル細胞と呼ばれる幹細胞が存在するのですが、この幹細胞は毛母細胞に変化しながら毛根側に移動し、やがて髪の毛になります。
  
そして、幹細胞が毛母細胞に変化する際には大量のコラーゲンが必要なのです。
  
つまり、十分なコラーゲンを摂取していれば髪の毛の育成につながるということになります。
  
関連記事:「頭頂部(つむじ)が薄毛になってきた!その原因と対策とは
  

AGAの可能性は皆無!さまざまな原因が考えられる後頭部の薄毛

AGAである可能性が高い前頭部の薄毛と違い、後頭部のそれはAGAとは無関係です。
  
なぜなら、AGAはジヒドロテストステロンを毛根が感受することによって引き起こされるのですが、後頭部にある毛根にはそれを感受するためのアンドロゲンレセプターが存在しないからです。
  
それでは何が原因かというと、多くの場合はストレスや生活習慣の乱れなどに起因しています。
  
それらが引き金となって血行不良を引き起こし、抜け毛が増えていくわけです。
  
そのため、他の部位のAGAと後頭部の薄毛が同時期に起こると、同一のものだと誤解されるケースもあります。
  

ただ、後頭部の薄毛は通常のAGAで引き起こされることはありませんが、加齢によるAGAの場合は話が別です。
  
その場合は頭頂部から進行が始まり、後頭部に達するケースがあるのです。
  
また、ストレス・生活習慣の乱れ・加齢以外で後頭部に薄毛が生じた場合は円形脱毛症、脂漏性脱毛症、機械性脱毛症、瘢痕性脱毛症などの可能性が挙げられます。
  
円形脱毛症はストレスが主な原因ですが、自己免疫疾患や婦人科病、遺伝などでも起こりうる現象です。
  

一方、脂漏性脱毛症はダニや細菌などで湿疹ができることで脱毛します。
  
機械性脱毛症は帽子やヘルメットなどを被り続けたり、髪を頻繁に結んだりして毛包ができることで髪の毛が抜けやすくなります。
  
最後の瘢痕性脱毛症というのはできものや傷ができることで、毛根が壊れて髪の毛が生えなくなってしまうケースです。
  
以上のように、後頭部の薄毛にはさまざまな種類があるだけに、その原因をしっかりと見極めることが重要になってきます。
  
関連記事:「後頭部の薄毛が気になる!原因と対策を知りたい!
  

眼精疲労と甲状腺ホルモンの低下!独自の原因で起きる側頭部の薄毛

側頭部は比較的薄毛になりにくい部位です。
  
とはいっても、やはり前頭部などの部位と同じようにAGAになる可能性はあります。
  
ただ、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンを作るには5αリダクターゼという酵素が不可欠なのですが、側頭部にはその酵素があまり存在していないのです。
  
したがって、AGAになったとしても進行は緩やかです。
  
その代わり、側頭部は他の部位とは違い、独自の原因によって薄毛になる場合があります。
  
それは眼精疲労です。
  
目が疲れると目に栄養を運ぶ血液の流れが悪くなります。
  
目につながっている血管は側頭部を走っているため、側頭部にも栄養が行き渡らなくなって薄毛の原因となってしまうわけです。
  

また、かなりレアなケースではありますが、甲状腺ホルモンの低下が側頭部の薄毛に関連している場合があります。
  
甲状腺ホルモンは側頭部に影響を与えて髪の毛の成長を助けており、ホルモンの分泌量が少なくなれば薄毛の原因となる可能性が出てきます。
  
いずれにしても、側頭部に薄毛が見られる場合は、一度医師に相談した方がよいかもしれません。
  

原因は前頭部の場合とほぼ同じ!比較的治りやすい頭頂部の薄毛

頭頂部の薄毛は前頭部のそれとほぼ同じ原因で引き起こされます。
  
異なる点を挙げるとすれば、頭蓋骨の形の悪さが薄毛の遠因になっているといわれていることぐらいです。
  
ただ、これに関しては単なる憶測にすぎず、はっきりしたことはわかっていません。
  
また、前頭部とは違い、鏡ではなかなか見えないので気がつくのに時間がかかるというのも頭頂部の薄毛の特徴だといえるでしょう。
  
一方で、頭頂部の薄毛は比較的治りやすいともいわれています。
  
だからこそ、薄毛の兆候をいち早く見つけ、しっかりとした対策を行うことが大切です。
  
関連記事:「側頭部やもみあげが薄くなってお困りの方に!薄毛の原因と対策を紹介
  

部位ごとの原因を見極めた上で正しい薄毛対策を行おう!


薄毛といえばすぐにAGAを連想しがちですが、実際の原因はさまざまです。
  
しかも、部位ごとに異なる原因が考えられるため、注意が必要です。
  
たとえば、前頭部の薄毛はAGAだけど側頭部の薄毛は眼精疲労が原因だったなどといった具合に、それぞれ異なる原因で薄毛が進行している場合もあるのです。
  
したがって、薄毛対策をするにはその原因を見極めることが大切になってきます。
  
ただ、それを素人が行うのは容易ではありません。
  
原因を把握するためにも、まずは育毛サロンで相談してみてはいかがでしょうか。
  
  
  
関連記事:「薄毛になる主な原因とは?
  
関連記事:「薄毛を改善する生活習慣まとめ!日々の生活の中でできる対策とは?
  
  
■各会社の特徴をチェックしたい方はこちら!
  
バイオテックのサービス・特徴・口コミ評判はこちら

アートネイチャーのサービス・特徴・口コミ評判はこちら

アデランスのサービス・特徴・口コミ評判はこちら

リーブ21のサービス・特徴・口コミ評判はこちら

スヴェンソンのサービス・特徴・口コミ評判はこちら
  
  


みんなの育毛編集部員 経験を生かしてニュースや情報を発信していきます。

関連する記事