みんなの育毛  >    >   あなたはやってない?薄毛に悪影響な生活習慣

コラム

あなたはやってない?薄毛に悪影響な生活習慣

  2018年3月28日 Posted by みんなの育毛編集部

薄毛に悪影響な生活習慣

薄毛は遺伝による影響が大きい症状ですが、対策次第で症状の進行を予防したり緩和させたりすることは可能です。
  
ただ、育毛剤の使用やAGA治療だけでは、薄毛対策として不充分な場合があります。
  
薄毛の症状を悪化させる原因となりやすいのは、日々の生活習慣です。
  
もし自己管理を徹底して薄毛の進行につながる行動を改めることができれば、薄毛対策をより効果的なものにできるでしょう。
  
そこで、ここでは薄毛に悪影響を与えやすい生活習慣について詳しく解説していきます。
  

脂質の多い食事

薄毛に悪影響な生活習慣

肉類やファーストフード、スナック菓子などといった脂質の多い食事は、薄毛につながると考えられています。
  
理由は、高脂肪・高コレステロールな食事を摂取し続けることで、血中の脂質が多くなるからです。
  
人間の体は、中性脂肪をはじめとした体内の脂質を、皮脂として毛穴から分泌します。
  
つまり、血中の脂質が多くなることで、たくさんの毛穴が集まっている頭皮部分では過剰な皮脂分泌が起こるわけです。
  
その結果、多すぎる皮脂で毛穴が詰まり、育毛や発毛の妨げになって、やがては薄毛症状へとつながっていきます。
  
ただし、肉類には必須アミノ酸などの重要な栄養素も含まれているので、まったく食べないでいると、逆に健康を損ねてしまう可能性があります。
  
大切なのは、脂質の多い食事を取りすぎないようにすることです。
  
頭皮を触ってみて指先にベタベタとした皮脂が付着するという人は、日々の食生活を見直し、摂取する脂質を減らしてみてはいかがでしょうか。
  

過度な食事制限やダイエット

過度な食事制限やダイエットによって、薄毛症状が進行してしまうことがあります。
  
実は急激な体重の減少は、休止期脱毛症を引き起こす原因となります。
  
休止期脱毛症とは、成長期に当たる毛髪が、休止期に移行してしまう症状です。
  
男性型脱毛症ではなく、びまん性脱毛症の一種だとされています。
  
この休止期脱毛症は、毛髪に補給されるエネルギーが不足することで誘発されるのですが、食事制限やダイエットによってエネルギー不足の状態が長く続くと、何度も休止期脱毛症が繰り返されてしまうことがあります。
  
すると、毛周期が乱れて慢性的な脱毛が起こり、最悪の場合は毛髪が生えてこなくなることもあるでしょう。
  
また、単純に食事制限やダイエットによって必要な栄養が不足したり、ストレスが溜まったりすることなども、薄毛の原因となりえます。
  

過度な筋肉への負担

筋力トレーニングを行うと薄毛が進行するという噂がありますが、医学的に筋力トレーニングと薄毛症状に因果関係はないといわれています。
  
ただし、オーバートレーニング症候群を患い、過度に筋肉に負担をかけ続けてしまうと、薄毛につながってしまうことがあります。
  
オーバートレーニング症候群とは、体力の回復や筋肉の再生を待たず、無理なトレーニングを続けてしまう症状です。
  
本来、有効な筋力トレーニングを行ったあとは48~72時間程度の休息を筋肉に与え、疲労の回復と組織の超回復を待たなければいけません。
  
これを無視して筋肉に負担をかけ続けると肉体と精神に不調をきたすことがあり、「疲労が取れない、熟睡できない、イライラする」などといった症状を引き起こす恐れがあります。
  
こうした不調が、薄毛症状の原因になります。
  

1日に複数回のシャンプー

薄毛に悪影響な生活習慣

髪の健康を維持するには、毛穴に溜まった皮脂や汚れをしっかりと落とし、頭皮を清潔な状態に保つことが重要です。
  
だからといって、1日に2回も3回もシャンプーをするのは逆効果のため、避けたほうが良いでしょう。
  
シャンプーで髪を洗いすぎると髪や頭皮のバリアー機能が低下し、皮脂やフケの増加、痒みや炎症などといった症状が起こり、薄毛につながります。
  
洗浄力の高いシャンプーは特にこういった症状が起こりやすいので、頭皮が敏感だという人はシャンプーの原材料にも注意しましょう。
  

朝シャン

髪を洗いすぎないよう注意していても、朝にシャンプーを行う朝シャンの場合、薄毛症状の原因となる可能性があります。
  
注意したいのは、朝シャンが直接薄毛症状につながるというわけではないという点です。
  
にもかかわらず、朝シャンに頭皮環境を悪化させる可能性があると考えられているのは、時間的余裕のなさに起因しています。
  
朝は夜に比べて忙しく、シャンプーに充分な時間をかけられないことがあります。
  
その結果、慌てて雑に洗ってしまったり、ゴシゴシと強く擦ってしまったりすることで、頭皮環境の悪化を招きます。
  
また、すすぎ不足で頭皮にシャンプーが残ってしまうことも、薄毛の原因になりえます。
  
髪を充分に乾かせずに、頭皮で細菌が繁殖してしまうことも原因の一つとなるでしょう。
  

生活習慣の見直しをプロに相談!育毛サロンで無料体験してみよう

薄毛の症状を予防・緩和するためには、正しい生活習慣を身につけることが大切です。
  
しかし、自分の生活習慣を客観的に見直すのは難しい場合がありますし、自分一人では実践できないこともあるでしょう。
  
そのため、生活習慣を見直す際には育毛サロンを利用して、プロに相談するのがおすすめです。
  
育毛のプロであれば的確なアドバイスが期待できますし、専門のノウハウに基づいた適切なサポートが受けられます。
  
興味があるという人は、まずは育毛サロンの無料体験に申し込んでみると良いでしょう。
  


バイオテックの無料体験はこちら

アートネイチャーのお試し体験はこちら

アデランスの増毛体験はこちら

リーブ21の発毛促進体験はこちら

スヴェンソンの増毛体験はこちら


みんなの育毛編集部員 経験を生かしてニュースや情報を発信していきます。

関連する記事