みんなの育毛  >    >   育毛剤には副作用がある?自分に合った育毛剤の選び方

コラム

育毛剤には副作用がある?自分に合った育毛剤の選び方

  2017年6月30日 Posted by みんなの育毛編集部


10代から30代の若年層でも、抜け毛や薄毛に悩まされている人は少なくありません。しかし、若いうちは新陳代謝が良く栄養の吸収率も高いため、早い段階で育毛を行えば改善される確率が高いのです。そこで多くの人が利用しているアイテムが育毛剤です。ところが、育毛剤には副作用が起こるリスクがあり、使用する場合は慎重に体質と合った商品を選ぶ必要があります。ここでは、育毛剤の副作用や選ぶ際の確認点について詳しく解説していきます。

育毛剤にはどのような効用があるのか

育毛剤のおおまかな仕組みは、頭皮の細胞や毛細血管に働きかけて新陳代謝を促すことから始まります。抜け毛や薄毛の原因は頭皮環境が悪化することにあります。頭皮が乾燥し、細胞が硬化してしまうことで毛根がダメージを負い、新しい髪の毛が生えにくくなってしまうのです。育毛剤は頭皮を整えるために有効なアイテムだといえます。育毛剤に含まれる成分としてはまず、植物エキスです。センブリなどのエキスには細胞を活性化させる働きがあるといわれており、育毛剤にも積極的に取り入れられています。また、海藻から抽出されるM-034という成分も育毛剤の代表的な原料です。海藻には保湿効果があり乾燥した肌に潤いを与えてくれますが、そのエキスを凝縮した育毛剤はより大きな効用を期待できます。また、カリウムなどの毛の原材料になる成分が入っている育毛剤も存在します。育毛剤は荒れた頭皮環境を改善したり、何らかの理由で髪の生成量が減ってしまった現状をサポートしたりできるアイテムです。使用上の注意を読んだうえで継続して使えば、短期間で効果を発揮してくれることもあります。

リスクに注意!育毛剤が引き起こす副作用


ただし、育毛剤では髪の量が増えるどころか、育毛剤を使った後で状況が悪化してしまうこともあります。育毛剤には副作用があり、個人差はありますが副作用がひどく現れてしまうリスクも含まれています。副作用の代表的なものとしては、成分と体質の相性が悪くアレルギーが引き起こされてしまうことです。多くの育毛剤には植物性エキスが含まれていますが、植物へのアレルギーの自覚がなかった人は、育毛剤を使った後で頭皮が傷んでしまいます。頭皮環境が悪化してしまい、さらなる抜け毛を引き起こしてしまうでしょう。特に「ミノキシジル」という発毛成分は、アレルギーを持っている人の割合が比較的高いといわれています。また、男性ホルモンを制御するタイプの育毛剤にも注意が必要です。男性ホルモンが分泌されすぎると、抜け毛を促すDHTという成分を生成してしまうので、ホルモンバランスを整えることは育毛にとって肝心なテーマです。しかし、生理現象であるホルモン分泌を無理にコントロールしようとすれば、体調に異変をきたし、吐き気や頭痛を起こすこともあります。結果的に体調が崩れ、頭皮環境も荒れる危険が存在します。

育毛剤の使い方で副作用が起こることも

育毛剤自体は安全で相性の良いものだったとしても、使用法によっては副作用が招かれます。たとえば、焦りから過剰使用を行ってしまった場合です。若年層の薄毛は深刻な悩みであり、多くの人が「早く治したい」というプレッシャーを感じてしまいがちです。そのため、推奨されている以上の量を使用してしまう人は少なくないのですが、そのことで頭皮環境が乱れてしまうことがあります。頭皮は毛細血管が集中した繊細な場所なので、刺激を与えすぎても逆効果なのです。育毛シャンプーなどでありがちなのが、シャンプーの間違った方法で効果を薄めてしまうケースです。育毛剤は髪になじませればなじませるほど効果があると思ってしまう人は多いですが、実際はシャンプーの時間が長くなればそれだけ髪へのダメージも増えていきます。1分程度でシャンプーを終わらせたほうが、的確に効果を期待できます。また、育毛シャンプーを毛根になじませようとして、ブラシや爪で強くひっかくのもNGです。頭皮が傷つき、余計に荒れてしまいます。育毛剤は使用上の注意を守って使うようにしましょう。

自分に合った育毛剤の見極め方を知ろう


育毛剤を選ぶときは世間の声や宣伝文句に流されず、自分に合った商品を見つけることが大切です。口コミ評価などに心が動くのは仕方がないことですが、多くの人にとって効果があった育毛剤が、自分にも同じように働きかけるとは限りません。育毛剤を調べる前に、薄毛になった原因を追究し、どんな成分が不足しているのかを知ることが先決です。しかし、自力で頭皮環境を調べようと思っても限度があります。また、薄毛になり始めたきっかけや時期を見逃している男性も多く、正確な原因が判明しないまま対策を練れないケースもあるでしょう。そこで、発毛サロンに相談してみることをおすすめします。発毛サロンでは細かなヒアリングや最新の技術によって髪の状態を探り、的確なアドバイスを与えてくれます。必要な成分も判明するので、育毛剤を購入するときの参考にもなるでしょう。サロンでは育毛のプロが話を聞いてくれるので、どんな小さな悩みにも答えてくれるだけではなく、気づかいもしっかりと心得てくれています。ひとりで悩んでいる男性ほど、サロンに行くと心がすっきりすることでしょう。

育毛剤の副作用について徹底解説

育毛剤は有効な薄毛対策のひとつではありますが、どんな育毛剤でもすぐに効き目があるわけではありません。なかには効き目どころか副作用を起こしてしまうケースもあります。育毛剤を選ぶ際には、世間の情報に流されず自分の頭髪と向き合ってから決めることが重要なのです。しかし、素人の見識では深く追求することに無理があります。発毛サロンなどで専門家のサポートを借りれば、自分でも気づかなかった育毛プランに出会えることでしょう。


みんなの育毛編集部員 経験を生かしてニュースや情報を発信していきます。

関連する記事