みんなの育毛  >    >   育毛剤の使用で頭皮にかゆみが出る原因とは

コラム

育毛剤の使用で頭皮にかゆみが出る原因とは

  2018年6月27日 Posted by みんなの育毛編集部

育毛剤の使用で頭皮にかゆみが出る原因とは

薄毛・抜け毛を抑制する手段のひとつが、育毛剤の使用です。
  
抜け毛を予防し発毛を促進させる効果があるといわれる育毛剤は、心地よい香りをブレンドした女性専門のものも販売されています。
  
しかし、育毛剤の使用で気になるのが、頭皮にかゆみが発生するときです。
  

せっかく抜け毛を防止するために購入した育毛剤なのに、かゆみが発展して頭皮のトラブルを招いてしまったりしたら、安心して使用することができません。
  
なぜ、育毛剤を使用すると頭皮がかゆくなるのでしょうか。
  
今回は、育毛剤使用の際のかゆみの原因と、その対処法を紹介します。
  

育毛剤でかゆみが出る原因①

育毛剤の使用で頭皮にかゆみが出る原因とは

抜け毛・薄毛になる原因のひとつは、頭皮の血行不良です。
  
血行不良が起きると、血液のなかに含まれた髪の成長に必要な栄養素が、頭皮に行き届かなくなります。
  
その結果、栄養不足となった髪の毛は弱くなり、抜け毛が発生するのです。
  
それを改善するのが、血行不良を改善させる効果のある育毛剤です。
  
育毛剤に含まれた成分が血行を促進させ、急に血行が良くなったことでかゆみが生じます。
  
運動後や入浴後に肌がかゆくなることがあり、これは、運動などにより急に血行が促進されたことが原因です。
  
これと同様の現象が、育毛剤使用によるかゆみの正体なのです。
  

しかし、かゆみが発生したことが、血行が促進され育毛剤の効果が出たと決めつけてはいけません。
  
かゆみは別のことが原因である可能性もあります。
  
また、かゆみがおさまらない場合は、爪でかゆい箇所を何度も掻いてしまうために頭皮を傷つけることになります。
  
かゆみが発生したら、一旦育毛剤の使用を止めることが得策です。
  

育毛剤でかゆみが出る原因②

育毛剤でかゆみが発生する原因となりうるのは、育毛剤の成分により肌が反応してしまうためです。
  
育毛剤に含まれた成分が頭皮に合わずアレルギー反応を起こし、かゆみが発生することがあります。
  
乾燥肌やアレルギー体質の人に起こりやすく、育毛剤の香料や保存料などさまざまな成分により発生する現象です。
  
また、育毛剤はさまざまな種類があり、含まれている成分も異なります。
  
そのため、成分によっては頭皮との相性が悪く、かゆみが発生する場合があります。
  

この場合のかゆみは、アレルギー体質の人以外にも起きる現象であり、誰にでも起こる可能性があるのが特徴です。
  
かゆみだけでなく、肌にヒリヒリとした痛みが伴います。
  
このような症状が起きても育毛剤の使用を続けると、頭皮の環境がさらに悪化し、炎症などを起こす可能性もあります。
  

かゆみの原因の成分例

育毛剤の使用で頭皮にかゆみが出る原因とは

かゆみの原因としてなりうる育毛剤に含まれた人工成分・化学成分のひとつが「ミノキシジル」です。
  
この成分は、高血圧治療で処方する薬として開発されましたが、副作用で多毛症の症状が出たために、育毛剤としてあらためて研究された成分です。
  
この成分は血管拡張成分効果があるとされ、その効果で頭皮が一時的にかゆみを感じることがあります。
  

そして、ミノキシジルは水に溶けにくい成分であるため、育毛剤に含む際、アルコールやプロピレングリコールを溶剤として使用します。
  
アルコールなどはアレルギーを招く作用もあるため、頭皮にかゆみを与える場合もあるのです。
  
また、ミノキシジルが引き起こす副作用に「ミノキシジル焼け」があります。
  
これは、ミノキシジル配合の育毛剤を使用した際、塗布された箇所やその周辺が赤く腫れ、炎症を起こしてかゆみや痛みを引き起こす副作用の症状です。
  
このような症状が出てもさらに育毛剤を使用すると、炎症が悪化して抜け毛が促進される可能性があります。
  

「塩化カルプロニウム」も、育毛剤に配合され血行促進を促す作用があるとされる成分です。
  
運動や入浴後の血行が良好な状態の時にこの成分が配合された育毛剤を使用すると、さらに血行が促進されかゆみやかぶれの原因となります。
  
「エタノール」も育毛剤に配合されている成分で、消毒効果や皮脂の過剰分泌の抑制が特徴です。
  
エタノールはアルコール成分であるため肌には刺激が強く、デリケート肌の人がエタノール配合の育毛剤を使用すると皮膚が赤くなったりかゆくなったりします。
  

育毛剤でかゆみが出たらどうしたらいい?

育毛剤の使用でかゆみが出たら、頭皮が刺激され育毛の効果が出ている証拠であると一部でいわれていますが、そうとは限りません。
  
確かに、育毛剤により血行が促進されている場合もありますが、頭皮に悪い刺激を与えている可能性もあります。
  
かゆみだけでなく、肌が赤くなったりかぶれが出ていたりの症状がないか確認しなければいけません。
  
もしそのような症状が出ていたら、育毛剤の使用をストップすることが重要です。
  
育毛剤の使用を止めてもかゆみやかぶれが止まらない場合は、皮膚科や頭髪専門クリニックに相談しましょう。
  

また、かゆみが起きる原因で多いのが、育毛剤に含まれた化学成分・人口成分が肌に合わないためです。
  
よって、肌を刺激する成分が含まれていない、無添加・無香料・無着色の頭皮に優しい育毛剤を使用するようにしましょう。
  

無料体験で聞いてみよう!

もし、育毛剤の使用、あるいは育毛剤の使用を止めてもかゆみが出る場合は、育毛・発毛専門のクリニックへ相談することが得策です。
  
ほとんどのクリニックでは、頭皮の健康状態をチェックする無料体験を実施しています。
  
無料体験は、頭皮を拡大して写す専用スコープを駆使し、頭皮環境を確認します。
  
普段、頭皮をどのようにケアしているかをカウンセリングで調べ、相談者にぴったりな育毛・発毛プランを提供してくれるのが、無料体験の特徴です。
  
相談は店舗だけでなく、メールでも受け付けているクリニックが多数あります。
  
  
関連記事:「どんな対策がおすすめ?頭皮のかゆみと抜け毛の悩みを解決
  
関連記事:「頭皮のかゆみはAGAの始まり?
  
  
■各会社のお試しプランをチェックしたい方はこちら!

バイオテックの無料体験はこちら

アートネイチャーのお試し体験はこちら

アデランスの増毛体験はこちら

リーブ21の発毛促進体験はこちら

スヴェンソンの増毛体験はこちら


みんなの育毛編集部員 経験を生かしてニュースや情報を発信していきます。

関連する記事