みんなの育毛  >    >   本当に伸びる?植毛した髪の毛がたどる経過は2種類ある!

コラム

本当に伸びる?植毛した髪の毛がたどる経過は2種類ある!

  2017年6月30日 Posted by みんなの育毛編集部


髪の毛の悩みを解決する方法のひとつとして、「植毛」という選択肢もあります。「植毛した髪が伸びるのか?」といった点は気になるポイントでしょうが、これはケースによって異なるので、その違いをしっかりと押さえておきましょう。そして、植毛にかかる費用や注意点もふまえておく必要があります。実際に植毛を体験した人の話を聞いてみたり、発毛サロンのアドバイスも参考にしたりしながら、髪の悩みを解決していくようにしてみてください。

自毛での植毛の場合は伸びる可能性が高い

自毛で植毛した場合には、しっかりと伸びる可能性が高いといえます。きちんと定着した髪の毛は、たとえ抜けたとしてもまた生えてくるのです。通常の髪の生え代わりと同じサイクルをたどっていきます。植毛直後には、いったん髪の毛が抜けてしまいますが、これは髪の毛には「休止期間」というサイクルがあるためです。髪の毛も生き物ですから、そうしたサイクルをたどることでまた自然と生えてきます。植毛をして抜け落ちてしまったからといって慌ててしまうのではなく、髪の毛が生きている証拠だと捉えてみましょう。ですので、一度植毛をすれば薄毛に悩まされてしまうこともなくなり、自由な髪型で日々を過ごしていくことができます。植毛をする範囲によって費用も異なってはきますが、まずは自毛での植毛を実感してみることが大切です。発毛サロンでは、低価格でお試しの植毛ができるところもあるので、一度体験してみることをおすすめします。髪の悩みを解決するひとつの方法として、植毛後も伸びる可能性の高い自毛での植毛を検討してみましょう。

人工植毛の場合には伸びない


同じ植毛であっても、「人工植毛」の場合には自分の毛ではないため、髪の毛が伸びることはありません。人工植毛の場合は、ポリアミド単繊維やモダアクリルなどの素材を使って植毛をしていきます。人工のものであるため、髪を切ってしまえばそのままの状態になってしまいます。はじめから長さの決まっている人工毛の場合は、長さをどう維持していくかが課題にもなるでしょう。自毛植毛の場合と比べて費用が比較的安い点は、植毛を受けやすいのでメリットだといえます。また、自毛と違って髪が生え代わるサイクルを気にする必要もないため、どんなタイミングでも植毛をすることが可能です。もともと、事故やヤケドなどで頭皮を損傷してしまった人向けの治療として人工植毛は始まったので、自由自在に髪の毛の量を調節できます。さらに自毛植毛では行っていない「後頭部への植毛」もできるので、自分に合ったヘアスタイルを実現することが可能です。髪の色や長さも選べて施術も数時間程度で終わるので、手っ取り早く植毛したい人には向いているといえるでしょう。

植毛にかかる費用と注意しておきたい点

植毛をしてみようと考えても、気になってくるのが費用の面です。発毛サロンや施術の範囲によって費用は違ってきますが、1グラフトを2本とした場合で見ていきましょう。生え際の薄毛を改善させるためには、100~1,000グラフト程度が目安とされています。つまり、本数で見れば200~2,000本の髪の毛が必要だということです。この場合だと、約30~150万円程度の費用が必要になります。クリニックによってはグラフト数が多くなると割引が適用されることも多いので、概ねこの範囲で収まるといえるでしょう。同様のケースで人工植毛を受けた場合には、半分程度の費用で済みます。ただ、人工植毛の場合はその後のメンテナンスも必要となるため、長い目で見れば自毛植毛のほうがコストは抑えられる傾向にあります。また、人工植毛の場合は頭皮に少なからずダメージを与えてしまうため、感染症などのリスクも意識する必要があります。植毛後も定期的なメンテナンスを行うことを理解しておきましょう。
引用元:http://xn--z3vt3dba836gq5p1jp.net/

実際に植毛を体験した人の話を聞いてみる


髪の毛の悩みは、なかなか周りには相談がしづらいものです。しかし、ひとりで悶々と悩みを抱えることもありません。発毛サロンによっては、毛髪アドバイザーに相談をすることが可能です。特徴としては、植毛を実体験した人がアドバイスをしてくれるため、同じ目線で髪の悩みを打ち明けることができる点だといえます。植毛をするかしないかは後回しにして、とりあえず気軽に相談してみるのも悪くはありません。カウンセリングは無料というクリニックや発毛サロンも多くあるので、まずは髪の状況をしっかりと把握してみることから始めてみましょう。費用や効果、デメリットなどを理解したうえで、実際に植毛を行うかどうか決めてみてください。髪の毛に関するプロだからこそ、的確なアドバイスができるものです。人に話すだけでも、ずいぶんと気持ちが軽くなることもあるものです。ですので、髪の毛のことで何か悩んでしまったときには、専門家に相談することを意識してみましょう。

植毛した髪の毛って本当に伸びる??

植毛には、「自毛植毛」と「人工植毛」の2種類があります。それぞれにメリット・デメリットはあり、必要となる費用やその後のメンテナンスにも違いがあることを認識しておきましょう。髪の悩みはひとりで悩んでいても解決するものではありません。まずは自分の髪の状況を知る意味でも、専門家に相談することを心がけてみてください。そのうえで、自分にどんな髪の治療が必要かを考えてみましょう。クリニックや発毛サロンに出向くことで、髪の悩みをうまく解決できるかもしれません。気軽な気持ちで相談をしてみることが大切です。


みんなの育毛編集部員 経験を生かしてニュースや情報を発信していきます。

関連する記事