みんなの育毛  >    >   AGAの症状かも!?生え際が後退する理由と対策

コラム

AGAの症状かも!?生え際が後退する理由と対策

  2017年6月30日 Posted by みんなの育毛編集部


男性型脱毛症であるAGAでは、生え際や頭頂部の頭髪が薄くなってしまうという症状が起こります。
  
これは男性ホルモンが関係しており、原因を抑制しなければ薄毛は進行してしまいます。
  
原因の特定方法として、専門家に相談する方法があります。
  
医師やサロンの専門家に相談することで薄毛を食い止めることができる可能性があるのです。
  
それでは、AGAとはなにが原因で薄毛になり、どのように対策を行えばよいのか見ていきましょう。
  
AGAの仕組みや対策方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

AGAとは何が原因で起こるのか

AGAは男性型脱毛症という名前の通り、男性に起きやすい症状です。
  
原因として考えられているのは男性ホルモンであり、男性ホルモンの働きによって生え際から頭頂部の髪の毛が抜けてしまい薄毛になると考えられています。
  
そのなかでも、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が多く分泌されると、ヘアサイクルで重要となる成長期を短くしてしまうことが確認されています。
  
通常、健康な頭髪は成長期が長く、2年~3年程度といわれています。
  
成長期が終わると退行期に入り、2週間程度かけて毛が退行していきます。
  
その後に、3~4カ月程度の休止期に入り、休止期に入ると髪は抜け落ちますが、すぐに長い成長期に入るので髪の量が減ることはありません。
  
しかし、DHTが多いと成長期が数カ月~1年程度と短くなり休止期が長くなってしまうため、髪の量は減少していきます。
  
成長期が短いと頑丈で太い髪に育たず、細い髪になってしまうので頭髪にボリュームも出ません。
  
結果として、生え際や頭頂部の薄毛が目立つようになっていきます。
  
AGAは根本的な原因であるDHTの働きを抑制しなければ解決することはできません。
  
たとえ育毛剤や発毛剤を使用しても、DHTの働きが活発であるときは薄毛が進行してしまう恐れがあるのです。
  
関連記事:「AGAは男性ホルモンと関係ある!?ハゲの原因を知ろう」  
  

AGAを食い止めるためにはどうするべきか

AGAは男性に起こる現象のひとつです。
  
男性ホルモンの分泌が盛んになる原因として、生活習慣の乱れや偏った食事、日頃のストレスなどが挙げられます。
  
まずは、日頃の生活習慣を見直したり健康的な生活を送ることを考えたりすることで改善する期待もありますが、DHTの分泌が抑制できない場合は生活習慣が整っていても薄毛が進行してしまいます。
  
そして、薄毛になるのはある程度歳をとってからと考えるのが一般的ですが、10代など若い人も薄毛になる可能性があるのがAGAです。
  
薄毛は男性としてコンプレックスに感じている人が多くいるため、問題を解決するために医学的に薄毛を予防する技術が発展しました。
  
AGAは専門医に診てもらい、症状が確定すればDHTを抑制する効果を期待できる薬を処方してもらえます。
  
薄毛をコンプレックスとして気にしている人は、早めに受診することで抜け毛を予防・防止することができるでしょう。
  
また、専門の育毛・発毛サロンに通うのも手段のひとつです。
  
サロンは独自の技術を開発しており、医薬品を使う治療法の場合は副作用がありますが、サロンのサプリメントや育毛法は副作用が無いのが特徴です。
  
同時に、育毛や発毛のマッサージやケアが行えるのも医療機関との違いです。
  
関連記事:「AGAとストレスは関係あるの?
  
  

AGAかも!?脱毛症の種類とは

脱毛にも種類があり、これを把握することでAGAかどうかを見分ける指標にできるでしょう。
  
ひとつ目は、皮脂が原因で脱毛してしまう「脂漏性脱毛症」です。
  
これは、皮脂が酸化してしまって頭皮に刺激を与え、かゆみや炎症を引き起こし脱毛してしまうものです。
  
2つ目は、頭皮の乾燥によって抜け毛が多くなる「ひこう性脱毛症」です。
  
頭皮を洗いすぎるなど頭皮が乾燥肌になるのが原因で、フケが多くなるのが特徴です。
  
3つ目は甲状腺や副腎・下垂体からの「内分泌疾患」によって引き起こされる脱毛症です。
  
4つ目は部分的に脱毛が起こる「円形脱毛症」です。
  
円形脱毛症は10円ハゲなどの別名もあり、子どもや女性にもよくみられる脱毛症です。
  
5つ目は自己抜毛症(トリコチロマニア)です。
  
精神障害やストレスが原因とされていて、自分で髪の毛を抜いてしまう症状です。
  
これは幼い子どもによくみられる症状です。
  
6つ目は抗がん剤などの副作用による脱毛症です。
  
重い病気などで処方される薬のなかには副作用に脱毛する効果があり、治療とともに脱毛していってしまいます。
  
これらのように、DHT以外にも薄毛の原因があります。
  
AGAの場合は側頭部や後頭部よりも、生え際と頭頂部が主に薄くなる傾向にあります。
  
頭頂部の円形脱毛症の場合はAGAを疑ってみてもいいかもしれません。
  
関連記事:「AGAは早期解決がポイント!ひとりで悩まずに早めの相談を!
  
  

薬を処方してもらう以外に日常で対策できることとは

AGAは薬を処方してもらって予防することはできますが、日常生活を意識して正し、早めに脱毛を抑制することが大切です。
  
対策方法として、4つの方法があります。
  
ひとつ目は頭皮を清潔な状態に保つことです。
  
頭皮が健康な状態だと、髪の毛に十分な栄養を送り届けることができます。
  
また、ひこう性脱毛症や脂漏性脱毛症を予防することにもつながります。
  
頭皮はシャンプーをしっかりと泡立て、余分な皮脂や汚れを落としてあげましょう。
  
洗うときは頭皮を傷つけないように、爪を立てず優しくマッサージをするように洗うのが理想的です。
  
決してゴシゴシと力を入れて洗うことのないようにしましょう。
  
シャンプーの回数は1日1回で十分です。
  
皮脂の分泌量が多いと感じる人は、専門家に相談してみるのもおすすめです。
  
2つ目は禁煙・禁酒を心がけましょう。
  
たばこはニコチンの効果により血行不良になります。
  
血液循環が悪くなると、十分な栄養が頭髪に届かないので注意が必要です。
  
アルコールは適度なら血行を促進してくれる期待がありますが、飲み過ぎはよくありません。
  
節度を守って飲むように心がけましょう。
  
3つ目はストレスをためないことです。
  
運動や趣味の時間をつくり、日頃からストレスを発散できるようにしたほうが健康な身体と髪をつくる決め手となります。
  
4つ目は規則正しい生活をすることです。
  
栄養のある食事をして、夜にはしっかりと睡眠をとりましょう。
  
睡眠はとても大切で、眠りについてから3時間は頭髪の成長にも欠かせない成長ホルモンの分泌が盛んになります。
  
この4点を意識することで、AGAの予防効果を上げることが期待できます。
  
より最適なケア方法を行いたい場合は、育毛・発毛サロンに通うことで適切な処置やアドバイスをもらうことができます。
  
関連記事:「もしかしてAGA?今すぐ始められる簡単な対策を紹介!
  
  

AGAで生え際が後退する理由と対策

脱毛は種類がいくつかあり、何が原因で薄毛になったのかを把握することが大切です。
  
薄毛に悩んでいる人は医師やサロンの専門家に相談して、しっかりと対策を講じることで薄毛のコンプレックスを解消できる可能性があります。
  
男性の脱毛はDHTにより引き起こされ、病院やサロンにかかることでDHTの働きを抑制する薬やサプリメントを処方してもらい、薄毛を予防することができます。
  
また、日頃から自分の生活を見直すことや対策を講じることも大切であることを覚えておく必要もあります。
  
病院で診断する場合は、AGAの原因によるDHTの生成を抑制でき、日常生活の改善アドバイスまでしてもらえます。
  
しかし、育毛や発毛まではサポートしてもらえません。
  
もし髪の毛を増やしたいと考えている人は、育毛・発毛サロンをおすすめします。
  
適切なアプローチで副作用の心配なく育毛・発毛を行うことができるでしょう。
  
無料体験ができるサロンも多いので、まずは足を運んで体験してみましょう。
  
関連記事:「AGAや薄毛を何とかしたい!それには原因を知ることから始めよう
  
  

バイオテックの無料体験はこちら

アートネイチャーのお試し体験はこちら

アデランスの増毛体験はこちら

リーブ21の発毛促進体験はこちら

スヴェンソンの増毛体験はこちら


みんなの育毛編集部員 経験を生かしてニュースや情報を発信していきます。

関連する記事