みんなの育毛  >    >   10代男性の薄毛が増えている!若ハゲになる原因とその対策とは?

コラム

10代男性の薄毛が増えている!若ハゲになる原因とその対策とは?

  2019年1月31日 Posted by みんなの育毛編集部

「若ハゲ」と聞くと、20代後半や30代で髪が薄くなってしまうイメージではないでしょうか。しかし、近年は10代で薄毛や抜け毛に悩む男性が増えているのです。
  
勉強や部活で悩むことがたくさんあるのに、このうえハゲで悩むような学生生活は嫌ですよね。
  
ところが、今の10代は昔の10代に比べ、より薄毛になりやすい環境にいるといえるのです。
  
ここでは、10代から薄毛になってしまう原因とメカニズム、自分でできる対策法について紹介します。
  
  

10代など、若くても薄毛になる可能性はあるの?

  
結論から述べると、10代の若い男性でも薄毛になる可能性は十分にあります。
  
実際、薄毛治療の医療現場では、近年薄毛や抜け毛の悩みを抱える10代が急増したといわれているのです。
  
なぜ、今の10代の若者は薄毛の悩みを抱えるようになってしまったのでしょうか。
  
主な原因には、以前の若者と今の若者をとりまく環境が激変していることがあります。
  
近年の10代は部活動や塾通いで忙しく、食事は自分で選んだものを食べ、スマホやゲームなどの影響で睡眠時間も不規則になりやすい傾向があります。
  
そのため、ストレスや栄養不足、睡眠不足など、薄毛の原因が重なってしまうのです。
  
  
10代から薄毛になることを防ぐためには、髪の生えるメカニズムや薄毛になってしまうメカニズムを理解しなければなりません。
  
まず、10代から薄毛になってしまう大きな原因の3つを理解し、その対策法を学んでいきましょう。
  
  

原因その1.遺伝とホルモンの影響で薄毛になる!

  
10代から薄毛になる原因のひとつに、男性型脱毛症、いわゆるAGAというものがあります。
  
AGAは男性に特有の薄毛で、特徴は、生え際や頭頂部の髪が薄くなることです。
  
AGAはホルモンの影響に加え、遺伝的な影響が大きいといわれており、家族や親戚などに薄毛の人がいると、発症する可能性が高いといえます。
  
まだ10代でも、髪が以前と比べて細くなったり、朝枕に抜け毛が多く残るようになってきたりしたら、AGAの可能性を考えてみましょう。
  
  
AGAが起こってしまう主な原因のひとつに、ジヒドロテストステロンというホルモンの働きがあります。
  
ジヒドロテストステロンは別名「脱毛ホルモン」ともいわれており、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことで生まれるものです。
  
このジヒドロテストステロンが髪の生成や成長を妨げるため、髪が十分成長しないまま抜け落ちることになり、薄毛が起こります。
  
  
AGAは、一度発症してしまうと完全に治癒することはありません。
  
そのため、育毛クリニックなどで、薄毛を食い止める治療をしていくことになります。
  
クリニックで受けられる治療は、ミノキシジルなどの薬物療法や、成長因子を使った再生療法などです。
  
さまざまな対策法があるため、事前にしっかりとカウンセリングを受け、自分に合った治療をおこなっていきましょう。
  
  

原因その2.頭皮の不健康が薄毛の原因に!


  
頭皮の状態が悪いことは、10代での薄毛の大きな原因になります。
  
たとえば「脂漏性脱毛症」は、頭皮の皮脂が過剰であることで起こる薄毛です。
  
皮脂が毛穴をふさぐと、細菌が繁殖して炎症を起こし、この炎症が与えるダメージが抜け毛の原因になってしまいます。
  
フケが毛穴をふさぐ「粃糠性(ひこうせい)脱毛症」も、同じメカニズムで起こる薄毛です。
  
10代での薄毛を防ぐためには、いつも頭皮を清潔にしておくことが重要といえるでしょう。
  
  
頭皮の血行が悪いことも、薄毛が起こる原因のひとつになります。
  
血行が悪いと毛根に十分な栄養を運ぶことができず、髪の生成に悪影響を与えるのです。
  
また、新陳代謝も悪くなるため、乾燥や毛穴のつまりも引き起こし、炎症の原因になります。
  
育毛クリニックで使われるミノキシジルなどの薬剤には、血管を拡張させる作用があり、医療現場でも頭皮の血行は重要視されているといえるでしょう。
  
  
頭皮をいつも清潔にし、皮脂の分泌が過剰にならないようジャンクフードの食べ過ぎなどを避け、血行が良くなるようマッサージをするなど、日頃の習慣が頭皮の健康を保つ助けになるのです。
  
男性用の育毛サロンなど、プロが頭皮のケアをしてくれるサービスを受けることでも、薄毛の予防効果を期待できます。
  
  

原因その3.日頃の生活習慣で薄毛になる!


  
近年の10代が陥りやすい生活習慣も、薄毛の大きな原因になります。
  
部活動や塾通いなどの疲労が原因でストレスをためると、自律神経が乱れ、血行不良を引き起こします。
  
前述したように、血行不良は毛根の栄養不足の原因です。
  
また、自律神経が乱れると内臓機能が低下し、髪の主成分であるたんぱく質の吸収率が下がってしまいます。
  
ストレスは、髪を作るための材料不足を二重に引き起こすといえるのです。
  
  
さらに、スマホやゲームが引き起こしやすい睡眠不足も、薄毛になる生活習慣のひとつです。
  
睡眠が不足すると、髪の成長に必要な成長ホルモンの分泌量が下がってしまいます。
  
厚生労働省が10代前半の若者に推奨している睡眠時間は、8時間以上です。
  
しかも、成長ホルモンを十分に分泌させるには、深くて質の良い睡眠であることも重要となります。
  
睡眠時間だけを多くとっていても、スマホのブルーライトの影響などで眠りが浅くなってしまうと、髪の生成や成長が十分にできないのです。
  
  
このように、10代男性の薄毛の原因は、さまざまなものが重なり合っています。
  
そのため、頭皮を清潔に保ち、偏った食事を避け、規則正しい生活を送るなど、対策には多方面からのアプローチが必要です。
  
なにもかもを自分でケアするのが難しいなら、育毛サロンなど、プロの手を借りるのも有効でしょう。
  
まずは日常生活を規則正しく整え、髪の健康を保っていきましょう。
  

みんなの育毛編集部員 経験を生かしてニュースや情報を発信していきます。

関連する記事