みんなの育毛  >    >   AGAとストレスは関係あるの?

コラム

AGAとストレスは関係あるの?

  2017年6月30日 Posted by みんなの育毛編集部


最近髪の毛が抜けてきて、ちょっと気になる。
  
そんなときに普段の生活を見直してみると、とてもストレスを感じていたということはありませんか。
  
また、特に生え際や頭頂部など特定の部分が薄くなってきたので、気になって調べていくうちにAGAの症状を疑うこともあるでしょう。
  
しかし、AGAを発症するのは複数の原因があるといわれています。ストレスとAGAはなんらかの関係があるのでしょうか。気になるAGAとストレスの関係についてみていきましょう。
  
  

AGAを発症、進行させる原因は

そもそも、AGAはどのような原因で発症してしまうのでしょうか。
  
よくわからないという場合に、基本的に知っておきたい知識はいくつかあります。
  
AGAは男性型脱毛症と呼ばれています。成人の男性によくみられる症状で、髪の毛が薄くなっていくという特徴があります。
  
また、髪の毛が薄くなる場所は額の髪の毛の生え際や頭頂部などに特定されることがほとんどです。
  
AGAを発症する主な原因は遺伝、男性ホルモンのバランスの乱れなどが挙げられます。
  
さらに、ストレスなどの外的な要因もAGAの進行に関わりがあるといわれています。
  
不規則な食生活や睡眠不足になっていたり、過度な飲酒、喫煙などはAGAを発症する直接の原因ではありませんが、髪の毛の成長を妨げたりすることもあるようです。
  
AGAの発症は、遺伝の場合避けられない可能性はあります。しかし、症状を進行させてしまうのはストレスや生活習慣が関係している可能性があります。できるだけ今ある髪の毛をキープするためにはどうしたらいいのでしょうか。
  
  

AGAは早めの予防や対策が大切


AGAは額の両側の生え際、頭頂部あたりの髪の毛が少しずつ薄くなっていくので、気付いたときにはかなり症状が進行していたということがあります。
  
抜け毛が少しずつ増えていたり、髪の毛は生えかわっていても徐々に細くなっていったりするために自覚がない場合が考えられます。
  
髪の毛が一気に抜けてしまうことがないので、なんとなく気になるけれどとりあえず様子見の状態になっている人も多いでしょう。
  
髪の毛自体は一定のサイクルで生えかわっているのですが、細くなっていくので薄く見えてしまうことがAGAの特徴のひとつです。
  
しかし、そのままの状態で放置すると、抜け毛と髪の毛の細い状態はさらに進行していくのです。
  
一度進行してしまうと自然に元に戻るのは難しい可能性が高いため、早めに対策を考える必要があるといえるでしょう。
  
薄毛が気になるけれど誰にも相談できなくてつらい、そんなときには無料で相談できる育毛サロンなどで相談してみてもいいかもしれませんね。
  
  

ストレスは髪の毛によくないことがいっぱい

AGAは遺伝や男性ホルモンの影響が原因と考えられています。
  
しかし、AGAを進行させないためには、まずストレスを溜めないことが大切といえるでしょう。
  
せっかくAGAのケアを専門の育毛サロンなどで始めたのに、心身共に健康でなければ薄毛の改善は難しくなる可能性があります。
  
なぜストレスは髪の毛によくないとされているのでしょうか。
  
イライラしてしまうとつい食べすぎてしまったり、お酒を大量に飲んでしまったりすることはありませんか。
  
さらに、ストレス発散のために夜更かし気味になったり、ストレスで眠れないなど睡眠不足になったりすることもあるでしょう。
  
睡眠が足りていないとさらにイライラするという悪循環に陥ってしまいがちです。
  
ストレスで体の調子があまりよくないと感じたことはあるのではないでしょうか。
  
頭皮や髪の毛も体の一部ですので、ストレスを感じていると健康な髪の毛の成長を阻害してしまうことになります。
  
健康な生活習慣から健康な髪の毛はつくられるのです。
  
  

ストレスが多いと髪の毛にどんなことが起きるのか


ストレスがたまったと感じたら、上手に発散しないと抜け毛や薄毛を進行させてしまう可能性があります。
  
ストレスが薄毛とどのような関係があるのか気になりますよね。
  
人はストレスを感じると自律神経などを乱してしまい、体の血流が悪くなる原因をつくってしまいます。
  
その結果、血流が滞ることにより髪の毛や頭皮に栄養や血液が行き渡るのを妨げてしまうのです。
  
髪の毛に栄養が届かないと、太くて健康だった髪の毛は少しずつ細くなっていく可能性が高いです。

  さらに、頭皮に血液が行き渡らないことで、抜け毛になりやすくなるといわれています。
  
AGAで悩んでいる人は、薄毛の進行をできるだけ食い止めたいと考えているでしょう。
  
ストレスは髪の毛の成長や抜け毛の原因になる可能性がとても高いということを知っておくことはとても大切です。
  
適度な運動などを日々の生活に取り入れる、しっかり睡眠をとるなどして頭皮と髪の毛に栄養を補給するようにしましょう。
  
  

ストレスとAGAの関係について

AGAを発症する直接の原因は、遺伝や男性ホルモンバランスの乱れといわれています。
  
そのため、ストレスはAGAの直接の原因ではありません。
  
しかし、ストレスを常に感じていると血液や栄養が頭皮や髪の毛に行き渡ることを妨げてしまいますので、髪の毛の成長に影響を与えてしまう可能性があります。
  
薄毛が気になりAGAかもしれないと悩んでいる人は、まず普段の生活でストレスを溜めないようにすることが大切といえるでしょう。


みんなの育毛編集部員 経験を生かしてニュースや情報を発信していきます。

関連する記事

育毛サロン人気ランキング