みんなの育毛  >    >   育毛サプリは効く?サプリの効果をアップさせる簡単なコツ!

コラム

育毛サプリは効く?サプリの効果をアップさせる簡単なコツ!

  2017年8月31日 Posted by みんなの育毛編集部


毛髪の成長に有効な成分を簡単に摂取できる育毛サプリ。
  
毛髪を作るための栄養を手軽に摂れるため、日々の習慣として生活に取り入れている人も多くいます。
  
しかし、ただ飲んでいるだけではサプリメントの効果があまり感じられないという人もいるでしょう。
  
育毛サプリの力をより高めて効果的に毛髪の成長を促すには簡単なコツが必要になります。
  
今回は育毛サプリに配合されている成分や、育毛サプリのメリットやデメリット、育毛サプリの効果的な摂取方法や時期などもあわせてご紹介いたします。
  

育毛サプリに配合されている成分にはどんなものがあるの?

育毛サプリに配合されている成分には、いくつか種類があります。
  
たとえば食事で摂取したタンパク質を髪に変える働きがある亜鉛や脱毛成分を抑えると言われているノキギリヤシは特に有名です。
  
また女性ホルモンに似た働きをして毛母細胞を活性化させる大豆イソフラボンや血流を促進して頭皮に血液を送るカプサイシンやビタミンEなども、よく育毛サプリとして飲用されています。
  
こうした育毛に有効な成分をバランスよく配合したものもサプリメントとして販売されています。
  
このようなサプリを服用すれば効率よく頭髪の成長に有効な成分を摂取することができるでしょう。
  
複数のサプリメントを摂るのが面倒だったり、つい忘れてしまうという方にも向いています。
  

育毛サプリを飲用するメリットとは


食事だけで育毛に必要な栄養を摂取しようとすると偏った食生活になってしまったり食べ過ぎになってしまったりすることがあります。
  
反対に育毛に効果的な成分をたくさん摂ろうと思っても、必要な成分を食事で毎日摂取し続けるだけの手間も時間もかけられないという人も多いでしょう。
  
育毛サプリのメリットは自分の食生活に欠けている栄養素をダイレクトにかつ手軽に摂取できるという点です。
  
また薬と違って副作用が発生する可能性が低く、安心して飲用できるのもおすすめといえます。
  
もちろん過剰摂取すると健康を害する可能性はありますが適切な量のサプリメントを摂る習慣をつけることで体の内側からゆっくりと健康的な毛髪を作る土壌を形成することができるでしょう。
  
多くのサプリメントは錠剤タイプのため、持ち運びにもかさばりません。
  
そのため、よく旅行や出張に行く人でも長く続けられることが多いと考えられます。
  

即効性はない!?育毛サプリのデメリット

育毛サプリのデメリットは、ずばり「即効性が期待できない」という点です。
  
サプリメントは医薬品ではないので1~2カ月ほどで効果が現れるとはかぎらず、数カ月以上、人によっては数年単位で続けてやっと実感できる場合が多い傾向です。
  
また同じサプリでも個人差で効き方が異なる場合があります。
  
育毛サプリはすぐに体質を変えたり直接頭皮に働きかけたりするものではないため、効果を実感するためには長く飲み続けることが大切です。
  

また、いくら毛髪の成長に良いとはいっても過剰摂取にならないように注意しなければ、別の健康被害が起きる可能性が懸念されます。
  
たとえば亜鉛には男女ともに1日30mgという上限摂取量が定められています。
  
つまり、1日30mgまでなら安全性は高いといえますが、一度に多くの亜鉛を摂取しすぎてしまうと、吐き気や発熱などの症状が発生することがあります。
  
レバーなどの亜鉛をたくさん含んだ食品を多く食べた日には亜鉛サプリの摂取を控える工夫も必要です。
  
日々の食事によって得た栄養素を考え1日の成分量が目安以上に摂りすぎにならないよう調整していきましょう。
  

サプリは補助がメイン!抜け毛予防として効果的


育毛サプリを飲む習慣をつけても毛髪に影響するには長い時間がかかります。
  
そのため、たとえば育毛マッサージなど他の育毛に効果的なものと一緒に習慣づけるのもひとつの手です。
  
育毛の補助的なものとしてサプリを利用することで相互的に効果を高めあうことが期待できるでしょう。
  
また、抜け毛が目立ちはじめる前に、予防として育毛サプリを摂取するのも効果的です。
  
サプリによっては体質的に合わない場合もありますが、基本的に育毛サプリには副作用がありません。
  
そのため少しでも抜け毛が気になり出したら、育毛サプリを飲む習慣をつけるようにすれば、脱毛の進行を押しとどめられる可能性が高くなります。
  

育毛剤との併用がおすすめ

育毛に本格的に取り組んでいくなら、育毛サプリと育毛剤を併用していきましょう。
  
育毛サプリを飲用することで体の内側から毛髪が作り出される環境を整えることが期待できます。
  
頭髪の素となる栄養をたっぷりと補給し、脱毛の原因となる男性ホルモンを抑え、毛母細胞を活性化させるのが育毛サプリの大きな役割です。
  
しかし、これだけでは外側からの刺激が足りない場合があります。
  
そのため、さらに育毛剤を併用して頭皮を刺激してあげることで、育毛サプリと育毛剤の間に相乗効果が生まれ、よりしっかりとした髪の毛が生えてくる可能性が高まるのです。
  
育毛サプリを摂ることで毛髪のもとになる栄養を蓄えたり、男性ホルモンの活動を抑えたりすることができます。
  
しかしその効果はあくまでも補助的なものです。
  
そのため育毛サプリだけを服用するのではなく育毛剤を併用したり育毛マッサージを取り入れたりして育毛サプリがより活躍できるような環境を率先して作ってあげましょう。
  


みんなの育毛編集部員 経験を生かしてニュースや情報を発信していきます。

関連する記事

育毛サロン人気ランキング