みんなの育毛  >    >   AGA治療薬のリスクと副作用とは

コラム

AGA治療薬のリスクと副作用とは

  2017年12月27日 Posted by みんなの育毛編集部

AGA治療薬のリスクと副作用とは

薄毛は多くの男性にとって、悩みの種となりうる問題です。
  
特に年齢を重ねてからは、薄毛の症状に悩まされる人も増えることでしょう。
  
また、女性のなかにも、毛量が減ったり髪のコシが失われたりすることで、自信をなくしてしまうという人がいます。
  
こうした悩みの解決法として挙げられるのが、プロペシアやミノキシジルといったAGA治療薬の使用です。
  
男性ホルモンの影響による脱毛症であれば、AGA治療薬によって薄毛の症状が緩和される可能性があるとされています。
  
しかし、AGA治療薬には副作用の恐れもあるので、安易に使用するのは避けたほうがよいでしょう。
  
ここでは、AGA治療薬のリスクと副作用について解説していきます。
  

AGA治療はこんなことをやる

AGA治療は、病院の内科か皮膚科、もしくはAGA治療専用の診療科に行くことで受けることができます。
  
さらに、育毛や発毛を専門的に扱うクリニックなどでもAGAの治療が可能です。
  
AGA治療は、まず頭皮や毛髪の状態を診断・分析することから始まります。
  
その後、毛髪再生メソセラピーや自毛植毛などといった治療法のなかから最適なものを探すのですが、一般的なのは、プロペシアやミノキシジルといったAGA治療薬による投薬治療です。
  
投薬治療では、有効成分を含んだ内服薬や外用薬を使って、またはその両方を併用して、頭皮の毛根に発毛を促します。
  
治療の効果や発毛時期は個人によって違いますが、AGA治療薬の成分と体質が合えば、投薬開始から1~2カ月で抜け毛の減少が起こり、前頭部や頭頂部に産毛が目立つようになるでしょう。
  
それから、徐々に産毛の量が増え、髪質も太くなっていきます。
  
早ければ、3~6カ月ほどで発毛効果を実感することができます。
  

プロペシアの副作用

AGA治療薬のリスクと副作用とは

プロペシアは、日本でもっともポピュラーなAGA治療薬の1つです。
  
アメリカの医療薬品メーカーであるメルク社が開発し、日本では2005年に厚生労働省が認可したことで流通が始まりました。
  
プロペシアには、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する作用があると言われています。
  
DHTが抑制されることで、抜け毛の量の減少や、軟毛の成長が期待できます。
  
そんなプロペシアも医薬品である以上副作用の恐れがあり、体質によっては、使用することで悪影響を受ける場合もありえるでしょう。
  
プロペシアの副作用として挙げられるのは、性機能の減退です。
  
性欲の減退や勃起不全、射精時の精子量減少や精子の機能異常などが起こる可能性があります。
  
他にも、鬱や頭痛、腹痛や下痢なども起こるとされています。
  
また、プロペシアを始め、治療薬に含まれる成分が体質に合わない場合、アレルギー症状が起こることもあります。
  
それから、妊娠中の女性であれば、胎児への影響も考慮しなければいけません。
  

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルは、毛根部分の血管に対し、拡張を促す効果があるとされる成分です。
  
発毛医薬品として厚生労働省からの認可を受けており、薄毛の治療薬として日本でも流通しています。
  
元々はアメリカで血管拡張剤として開発されましたが、使用によって全身の毛量が増加するという症状が確認され、薄毛治療薬としても利用されるようになりました。
  
ミノキシジルによって頭皮の血行を活性化できれば、毛母細胞の細胞分裂が促進され、髪の成長に好影響を与えられる可能性があるでしょう。
  
そんなミノキシジルの主な副作用は、頭皮のトラブルです。
  
血管の拡張を促すという性質上、血行促進による痒みを感じてしまう場合があります。
  
加えて、ミノキシジルを配合するために使用されるアルコールやプロピレングリコールなどといった溶剤が、痒みを引き起こすケースもありえるでしょう。
  
溶剤の成分が体質に合わないと、アレルギー反応を起こす可能性もあります。
  
さらに、ミノキシジルそのものが体に合わず、痒みを感じてしまうこともあるでしょう。
  
元々肌が敏感な人や、頭をかきむしる癖のある人は、ミノキシジルの使用に際して特に注意が必要です。
  

発毛・育毛・AGAをできる限りリスクを抑えるためには育毛サロンがオススメ

AGA治療薬のリスクと副作用とは
プロペシアやミノキシジルにはさまざまな副作用がありますが、もちろん使用者全員にそれらの症状が起こるわけではありません。
  
まったく副作用を感じない人もいるでしょうし、体質や体調や使い方などによって、人それぞれ異なる症状を感じる場合があります。
  
また、一般的には確認されていないような特殊な副作用が起こる可能性もゼロではないので、投薬の際は充分に注意したほうがいいでしょう。
  
プロペシアやミノキシジルを使うときには、常に副作用のリスクを背負うという覚悟が必要です。
  
そうしたリスクをできる限り抑えたいという人は、育毛サロンを利用してみるのも良いでしょう。
  
育毛サロンでは独自に開発した洗髪方法や頭皮クレンジング、頭皮マッサージなどによって頭皮環境を改善し、発毛促進を目指します。
  
医療機関ではないため、副作用の恐れのある医薬品が使用されることもありません。
  
ですから、なるべく安全に薄毛治療を行いたいという場合には、育毛サロンがおすすめです。
  

育毛サロンの無料体験に行ってみよう!

プロペシアやミノキシジルといった医薬品を利用した薄毛治療は、場合によっては確かな効果を発揮することもあります。
  
しかし、それと引き替えに、さまざまな副作用のリスクを受け入れなければいけません。
  
もしも、薄毛治療のためにいきなりプロペシアやミノキシジルを使うのが怖いという人は、まず育毛サロンから試してみるのも良いのではないでしょうか。
  
無料体験サービスを実施しているサロンもあるので、気軽に試すことができます。
  
薬の力に頼らなくても、頭皮環境を改善することで、発毛・育毛を目指すことは可能です。
  


バイオテックの無料体験はこちら

アートネイチャーのお試し体験はこちら

アデランスの増毛体験はこちら

リーブ21の発毛促進体験はこちら

スヴェンソンの増毛体験はこちら


みんなの育毛編集部員 経験を生かしてニュースや情報を発信していきます。

関連する記事

育毛サロン人気ランキング